循環器系とサプリメント

降圧剤を飲み続ける人の老後は決して明るくない。周りを見たりいろいろ調べてみるとそう思わざるを得ない。血圧の基準がどんどん下がってきて、日本人には高血圧が多いなどと言われて、降圧剤を飲んでいる人がとても多い。しかし、薬を飲み続けても高血圧は治らない・・・見た目の数値は下がっていてもそれは薬で無理に下げているだけなので、高血圧の根本原因が解消することとは全く違うことになる。

高血圧の害と副作用のリスクの比較で薬を飲んでいることになるが、最大の問題は薬の長期服用が痴呆などの大きな原因になっているかもしれないこと。これは明確な根拠はないが決して的外れでもないと思っている。体が必要としている血圧を薬で下げると言うことは、必要な部分に血液が充分に届かないことを意味する。そして最も血液を必要とするのは脳なので、その脳に充分な血液が届かないことが続くことになるとはたして脳は大丈夫だろうか?・・・

Aさんは昨年に急性の心筋梗塞で30日以上も入院した。
その時にカテーテル手術を受けて、ステントを1個入れている。
病院では降圧剤や高コレステロール薬など5~6種類の薬を処方されていた。
こういう場合にはほとんど例外なく、患者はその後長期間に渡って多種類の薬を飲むことになるのだが、Aさんは薬を退院後一ヶ月だけ飲んでその後は全く飲んでいない。
これは本来なら大変な問題になることで、Aさんは相当考えた上で自己責任でやっているので、他人には勧められないと言っている。

そして、その後の体調はすこぶる良いらしい。
一年以上も何の問題もないし、血圧、コレステロール値、他の血液検査の数値も正常値に収まっていて問題はないらしい。
Aさん言わせると入院する前よりも全部が良くなっているらしい。
血圧は上が120~130前後、下は80以下、LH比は1.2~1.4と理想的。
生活習慣で気を付けていることは、食べ過ぎない、飲み過ぎない、肉を食べる、運動をするということ。

周知のことであるが、循環器系の基本は生活習慣がまず大事である。
そして、ごく単純に考えて「血管が丈夫で良好な血液循環」がポイントである。
私も実感しているが、そういう意味では循環器系にはサプリ類が役立つことが多い。
そのAさんもいろいろ考えて数種類のサプリを毎日摂取しているのが役立っているようだ。


*役立つサプリに関していろいろ問い合わせがありますが、下記のサイトに載せています。
http://igayan24.at.webry.info/201302/article_1.html

細かく載せているので読むのは少し大変ですが、他所にないオリジナル商品も多く、コストパフォーマンスも抜群のサプリです。長い経験から言えるのは、血管強化、循環器系の改善と全身の健康状態の改善にかなりの確率で役立つサプリです。購入が少し面倒ですが、他所にはないとても良い商品があります。最後に、サプリで結果を出すためにはその組みわせと摂取量、摂取のタイミングがとても大事です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック