抗コレステロール薬は飲まないほうが。

Bさんは、「抗コレステロール薬は飲んではいけない。」と言っている。
すべての人に当てはまる事ではないが、飲まない方が良い人はたくさんいるでしょう。

2年前のこと、知人のBさんがコレステロールの数値が気になると言ってきた。
いろいろ調べると、抗コレステロール薬は副作用の心配があるので、サプリを選んで欲しいとのこと。個人的にも抗コレステロール薬は飲む必要がない薬だと思っているので、数種類のサプリの組み合わせを提案した。

「Bさんの健康診断の数値推移」
平成24年→25年→26年
LDLコレステロール162→109→93
HDLコレステロール61→69→62
中性脂肪 106→45→51
総コレステロール257→202→180
Bさんの数値は見事に改善されている。
体調も良く、最高血圧も147→127→130と良くなっている。

Bさんは、サプリの摂取以外は以前とあまり変わらない生活を送っている。
それでこんな結果になっているのだから、恐い薬を飲む必要を感じないという言葉には納得する。

以前にAさんの数値(LDL、中性脂肪)が3ヶ月で簡単に改善された例もある。Aさん、Bさんや他の方の例を見ると考えさせられる。薬は否定できない存在だが、費用対効果、副作用などのリスクを考えると、飲まないほうが良い場合や薬があるな~と感じている。実際に恐い薬が結構多い。私は血管強化をテーマにしているが、血管の老化を促進させないこと、できるだけ薬を飲まない事が大事だと考えている。

参考までに是非読んでいただきたい・・・ 「私は薬に殺される」・・・こんなこともあるのです。
http://www.books-ruhe.co.jp/recommends/2003/12/watashihakusurini.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック