歯周病はサプリと消毒で。

歯周病で長く悩んできた者として、とても役立ったこと、きっと役立つだろうことを紹介したいと思います。
歯周病(歯槽膿漏)は日本人の約80%が罹患していると言われています。その感染力は強力で、ギネスブックにも「全世界で最も蔓延している病気は歯周病(歯槽膿漏)である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」と記されているほどです。

そして大きな問題は・・・ちょっとした怪我や病気などとは違って「治る事が難しい病気」と言う事です。
いろいろ詳しく調べても歯周病(歯槽膿漏)が治る事は難しく、ほとんど不可能と言うのが実際のところのようです。但し、病気の進行をストップしたり、改善する事は出来ます。

多くの場合に少しずつ進行していくのが歯周病の特徴なので、進行をストップしたり、改善する事がとても重要になります。つまり、100%治すことは出来なくても、改善と言う意味では今の状態よりも良くすることはできるのです。

・・・・・まずは【歯周病の改善に関する歯科医の説明】をご覧ください。
例えば軽度の歯周病(歯槽膿漏)であれば、骨の吸収も見られず、ほぼ元通りに改善することができます。中等度の歯周病(歯槽膿漏)であっても、溶けてしまった歯を支える骨は戻すことはできませんが、歯茎をしっかりさせることで歯を支える力を取り戻すことは出来ます。重度の歯周病(歯槽膿漏)でも歯周外科によって歯肉を再生させ、歯の延命を図ることはできます。
 
症状や進行の度合いや個人差によって、回復の程度は変わりますが100%は無理でも80%まで症状を改善する、溶けた骨は戻せなくても痛みや腫れの原因を取り除くことが出来るというのが歯周病(歯槽膿漏)の改善です。もちろん、改善してから歯周病(歯槽膿漏)を再発・悪化させないことが大事になります。治療したからといって口の中から歯周病菌が消えることはありません。定期的に歯医者に通う「予防歯科」を習慣化することが、歯周病(歯槽膿漏)に対する一番の対応策です。】・・・

歯周病は治るのは難しい病気なので、改善を目指すべき病気になります。残念ながら歯科医で治療をしてもその進行リスクを100%なくすことはできません。そこで大切になってくるのが予防やメンテナンスです。年に3〜4回、定期的に歯医者に通えば、例え再発してもすぐに治療が可能であり、何もなくても再発の原因となる歯垢や歯石を落とすことでリスクを大きく回避することができます。予防やメンテナンス処置とそれに加えて、正しく身につけた毎日のセルフケアで、歯周病のリスクや進行は大きく変わってきます。

歯周病(歯槽膿漏)の原因は口の中の菌であることは間違いありません。しかし、歯周病(歯槽膿漏)になる原因はそれだけではありません。それは歯並びであったり感染であったり、咬み合わせなどもあります。歯周病(歯槽膿漏)を改善し、良い状態を維持していくためにはそれらの原因を潰していくことが大切です。正しいセルフケアをしても、歯並びが悪ければ取り除けない歯垢は必ず出来てしまい、歯石へと変わっていきます。

いくら口の中の菌の数を減らしても、キスや食べ物・飲み物の回し飲みなどから新たな菌に感染してしまうこともあります。また、咬み合わせによって進行が早まったり状態が悪化することも考えられます。それらを解決し、予防することで自分の歯を長く保てる可能性は劇的に上がることは確かです。一生自分の歯で美味しくものを食べていくために、また歯周病(歯槽膿漏)が原因となる全身の病気を予防するためにも、その原因治療を一度検討することも大事になります。

歯周病予防、歯周病で弱った歯茎になど歯周病専用歯磨等の市販薬だけで歯周病に立ち向かうのは難しいです。歯周病は進行性の病気であり、しかも自覚症状が出にくく、「歯茎が痛い」「歯がぐらつく」「歯茎がブヨブヨしている」と気づいた時には既に症状が相当進行している状態です。その時点で、歯周病の進行を何とか食い止めようと市販の歯周病関連商品をいくら使用しても、大きな効果は得られません。まずは歯周病菌の巣窟である歯垢を取り除くこと、そして菌と菌の居場所をなくしていくことが大切なのです。そういう意味で市販薬だけでは難しいということです。歯周病の悩みを解決できる一番の方法は、歯科医院にあるのです。・・・・・


上記の歯科医の説明は歯周病とその治療、改善に関して的確な説明だと感じています。
しかし、個人的にはこれだけでは十分とは思っていません。なぜなら、歯科医の治療や予防処置に加えて、やった方が良い事があると感じているのです。逆に言えば、歯科医の治療に加えるべき事、加えた方がきっと良い結果になるだろう事があると言う意味です。幼いころからリンゴを齧ると出血し、歯科医には飽きるくらい通った者として、長い試行錯誤の結果で役立つと感じた事です。

役立つと感じている事、それは①数種類のサプリの摂取、②就寝前の口内消毒です。
サプリについては、長年試行錯誤を繰り返ししてきて、この頃はこれが良いようだと思う組合せにしています。
実は歯周病が進行していく一つのシグナルとして、歯茎からの出血があります。
出血が続く、出血量が増える・・・このことは歯周病が進行、悪化している事に繋がります。
以前の私は歯磨きの度に出血し、酒を飲んだ次の日などは出血量がかなり多くなっていました。
定期的に歯科医に通ってもなかなか改善できませんでした。
しかし、この頃は毎日飲酒していてもほとんど出血しませんし、例え出血してその量はとても少なくなりました。
以前はあった歯茎の腫れなども全くなくなりました。以前と比べるともの凄い改善と言えます。
私が今飲んでいるサプリは、OPC、ビタミンミネラル、ビタミンC、CQ10、ビオチン、シナモンです。
改善のための生活習慣では、飲酒、睡眠、ストレス、疲労、喫煙、食生活も大事な要素です。

また就寝前の口内消毒はとても重要な事の一つです。
軽い歯周病の人であっても、口内には歯周病菌が多数生息しています。例え毎日就寝前に歯磨きをしても歯周病菌はまだまだ多数残っています。問題はそれが就寝中に大量に増えことなのです。

なぜなら、就寝中は口内に水などが入る事もなく、唾液を飲み込む事もほとんどありません。そうなると、口内の歯周病菌はどんどん増殖します。これはほとんどの人がそうなります。まして、歯周病の人ならば、口内に多い歯周病菌が就寝中に著しく増殖してしまいます。それで、就寝前に口内を消毒して、歯周病菌を出来るだけ減らしておくことが大事になると言う事です。消毒の影響を口内にしばらく残しておく事も大事です。もちろん、出来るだけ安全な方法、物を使用する事は大事です。

【その他の歯周病菌の問題点、動脈硬化、糖尿病】
歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

*油断禁物!日本人の80%が罹患している歯周病は、進行が緩やかでも確実に進行していきます。そのために油断して、手遅れになる事も珍しくない病気です。必要なことは、歯科医院への通院ですが、歯茎と全身の健康のために役立つ事(サプリ、消毒など)をぜひ取り入れてみてください。きっと歯周病の改善に役立つと思います。長く試行錯誤して分かった事なので、もしもやり始めると、意外と早く実感できると思いますよ。実際に紹介した人達の調子は良いと報告が来ていますから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック