テーマ:血管の強化

くも膜下出血の再発・予防について

近年、くも膜下出血の予後や動脈瘤の経過観察と言う方が、検診機会の増加、検査技術等の進歩で増えています。では、経過観察の人にとって、定期的な検診以外で何かすべき事、した方が良い事があるでしょうか?なぜならば、当事者は再発や動脈瘤の破裂に対する不安が常にあって心が安まらないと言う事があるためです。 その不安感を少しでも減らすことが精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気な老後には「血管の強化+血流改善」

高齢者には特に血管と血流が大事だな~と感じる例をひとつ紹介します。 Kさんのお母様は80代後半で体調的には衰えがみられ、数年前から介護施設に入居している。 彼女は元々血管が弱い体質のようで、20年以上前にはクモ膜下出血で手術している。 幸い、その後は普通の生活を送れるようになったが、体調面の問題で数年前からは介護施設に入居して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれつきの体質で血管が弱い。

血管について良く言われるのが、動脈硬化についてです。 加齢や生活習慣、糖尿病等の病気で血管の老化(動脈硬化)が進んで、様々な病気や症状に悩まされる事が知られています。血管に詰まりなどが生じる動脈硬化によって、各組織に十分な酸素や栄養がいきわたらないために起きる事です。 動脈硬化は特別な痛みがなく進行していくので、気付くのが遅れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管は簡単には若返らないけど、方法はあるでしょ。

何かを食べて数日で血管がマイナス10数歳ということがTV放送されたりしています。 これって本当でしょうか。 個人的には大きな疑問があります。 理由は人間の身体は機械とは違うものだからです。 人間は血管と共に老いると言う言葉があるように、血管も徐々に老化していくものです。 それが数日で簡単に若返るというのは無理なことと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜアメリカ産のサプリか?

なぜ、国産でなくアメリカ産のサプリを主に飲んでいるかについて。 基本的にサプリメントは栄養素(食品)ですから、毎日続ける事こそが大事になります。 そのために大事なことは、毎日続けられるような価格です。 単純に言って、高過ぎるものはいくら良いものでも継続が難しいためです。 一般には多くの製品・商品は品質や内容において国産品が外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管が丈夫になると元気になる人が多い。

中高年になると、血管と血流に問題を抱えている人が多いです。その問題に関する病気や症状に関して、長く通院していながら思うように体調改善が出来ていない人達の相談を受けてきました。その結果が早くて驚かれる事も多いのですが、私が提案することは特別な事ではなく、生活習慣の改善とサプリの摂取です。生活習慣の中では特に食事が大事になると感じています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳ドックと脳動脈瘤

ニュースによるとタレントの川村ひかるさんは脳動脈瘤がある事を公表しました。 彼女の場合は、激しい頭痛があったためにMRIの検査で発見されたようです。 まだ小さいので経過観察のようですが、人生の転機になったということを率直に語っています。 このまま大きくならなければと言うことのようです。 さて、この頃は気軽に受けた脳ドックで脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち身の青あざ、青タンについて

私の家族にもいますが、ちょっとした打ち身で青あざが出来る人は女性に多いようです。 青あざは打撲で毛細血管が破けて内出血することで起きます。 単純に言えば血管壁の構造が少し弱い為のようです。 実はこの事は長期的に見た健康面では割と大きな影響があると感じています。 義母と叔母二人、そして妻と娘は生まれつきの体質で血管壁の構造が弱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭部動脈解離だったがMRIをみても、病歴がわからない程に回復!

2年半ほど前に頭部動脈解離と脳梗塞を経験した50代、男性、Kさんからの相談がありました。 入院治療して、検査では血管の狭窄がありました。 頭部動脈解離の分類として、成因からは、外傷性、医原性、特発性の3種類に分類されるが、頸部回旋などの軽い外傷に伴って起こることが多いとされる。しかし、明らかな誘因のない場合も多い・・・とされてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管とサプリメント

病院や薬で病気や症状が全て解決できるならば人生はそれほど難しくない・・・いつも思います。人間は一生を通じて様々な病気や症状に悩まされることが多いですが、もしそれが病院や薬で解決できるなら、とても楽だし、良いことだからです。 しかし、現実は風邪ひとつとっても治すのが難しく、簡単にはいかないことが多いです。また多くの慢性病と言われる病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然にできたダイエット

T子さんは50代後半、生まれつき血管が弱い、細い、体力がないタイプ。 近親に脳卒中、糖尿病が多い。 そんなことから血管強化を主にしたサプリを数種類飲んでいる。 そのおかげもあって、以前よりも体調は良くなっている。 またT子さんは少し太り気味を気にして、これまでいろいろなダイエットをした経験がある。 ただ、体重はなかなか減ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血はチャンス?

眼底出血、その原因はいろいろあります。 多くの場合に加齢、生活習慣、糖尿病などで血管が老化したことがその原因になっている事が多いです。 時々、ブログのご縁で眼底出血の回復が思わしくないとの相談があります。 通院して治療していてもあまり改善されないと言う方からの相談が多いです。 誰でも病気や症状があれば、まず病院に行くのが最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンピンコロリと血管強化

血管強化は、ピンピンコロリに近づくための一つの方法です。寝たきりや介護の大きな原因である脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)のリスクを減らすためです。もちろん、それ以外の血管病を減らす目的もあります。 寝たきりの原因 ― 1位は脳卒中です。平成22年度版の厚生労働省の国民生活基礎調査によると、65歳以上の人の要介護(継続して常時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病で眼底出血

ブログの読者から眼底出血が治らない、繰り返すと言う相談が時々あります。 見ず知らずの私に相談してくるのは余程のことですし、これも何かのご縁だと思うので、出来る限り相談にのっています。 私や家族が遺伝的に血管が弱い体質なので、血管の強化や健全性という点で苦労してきた経験があります。その経験から得たノウハウのようなものを相談者にお伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血の相談が多い。

ブログのご縁で、これまでの数年間で100人近い方から眼底出血で困っているとの相談を受けてきました。眼底出血してしまった、眼底出血がなかなか治らない、何度か繰り返している、レーザー治療したが再発したなどの相談があります。よほどの重症でない限り、生活習慣の見直しとサプリメントで改善の可能性が大きい人が多いことと、お節介な性分もあって相談にの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬を飲まない。

 こんなに情報が溢れている時代なのに、まだ薬を飲めば病気が治ると信じている人が多いようです。風邪を引いた・・・医者に行け!薬を飲め!はその最たるものです。薬の多くは、痛みや症状を一時的に抑えるもので、 原因そのものを取り除くものではありません。  治す、治るのは自分自身の自然治癒力によるものです。本来、薬はそれを助けるものですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしい知らせ

うれしい知らせが時々届きます。 私にとって生活習慣の改善とサプリに関するアドバイスは趣味の一つです。 根がおせっかいなこともあります。 最近も4件ほどお嬉しい知らせがありました。 1、いつもお世話になります。 アドバイスいただいて、サプリを飲みはじめてから、まもなく1年になります。 はだかで風呂に入るときの体の血管の筋や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サプリは飲まない。

私や家族は長年サプリを愛用しているが、飲まないで済むならそれが一番良いことは承知している。ま、理由はお金が掛かるし、面倒くさいから。私が自分や家族の健康面で求めるのは丈夫な血管と良好な血流である。理由はごく単純で、これまでいろいろ経験したり研究を重ねた結果、人は常にそれが確保できれば病気になりにくいからだ。こんなに医学が進んでも、いや表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20代でも脳卒中

つい先日、知人の息子さんがまだ20代なのに脳卒中で亡くなった。 お風呂に入っていて頭がひどく痛いと言い出したので、救急車を呼んだが病院に搬送中に亡くなってしまった。来春には結婚してパートナーと新しい仕事を始めることになっていた。婚約者と家族の落胆はかなりのもの・・・ 元々は元気な人だったらしい、良く食べて良く飲んで、ただタバコは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管強化と血流の改善が基本

薬を飲み続けても治らない慢性病患者が多いことから言えるのは、薬を飲めば病気が治るというのは勘違いや思い込みという場合がある事です。一例として循環器系の薬(降圧剤など)には疑問点が多く、本当に飲む必要があるのかという事と、惰性で処方されて飲み続けている人が周りには多いようです。もしも飲まないと脳卒中や心筋梗塞などになるという、本当かどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病と肉食

最初に結論的なことを述べると、糖尿病の人はタンパク質の摂取がとても大事です。 実は食事療法を偏ってやりすぎて肉を食べなくなった結果、血管が弱くなってしまった人が何人もいました。 糖質を制限するのは当然ですが、その上に肉を極端に制限することは決して良くないと感じています。 糖尿病と眼底出血に関して、意外と知られていない事で役立つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丈夫な血管と良好な血液循環

ごく当たり前のことだが、サプリメント選びは難しい。 人によってその結果が違うことも多い。 そのために、全く同じものでも評価が割れることになる。 年齢、体重、体質、体調、生活習慣などが違うので当然かも知れない。 更には摂取法(組み合わせ、タイミング、量)での違いも大きい。 そして、成分が同じと表示されたサプリでも、結果がかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一つの健康法

世の中には様々な健康法があります。 それで体調が良くなって、継続できればどんな方法でも良いと思います。 私の場合は、血管と血液循環を重視して少しシンプルに考えています。 「私の生活」 ほぼ365日酒を飲みます。(休肝日を入れるのは理想ですが、できません) 食事の量は若い頃と比較すればかなり減っています。(若い頃は大食いでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管と血液循環

私や家族は長年サプリメントを飲み続けています。本音はサプリは飲まないで済むなら、飲まない方が良いです。お金がかかるし、良いサプリを探すのは結構大変、でも私や家族は今もサプリを多種類飲んでいます。 もちろん、飲み続けるには理由があります。一つは私たち家族は重大な体質の弱点を抱えていることです。遺伝的なものだと感じることですが、血管が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管の健康のために。

何度となく血管の重要性について記事を書いています。 個人的はいろいろな失敗もしながら、自分と家族、友人でいろいろ試してきています。 血管の健康度は年齢や病気、生活習慣などによって個々の差がとても大きいと感じています。 血管の健康を損ねる因子としては、喫煙、肥満、運動不足、栄養不足、高血圧、糖尿病、薬などが挙げられます。もう一つは遺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目的は血管の強化でも。

血管の強化を目的としてサプリを摂取し始めた人からの報告の中で、血管が丈夫になった感じがするというものは数多く寄せられています。 血管が丈夫になったと言うのは鼻血、眼底出血、内出血の有無や脳梗塞、くも膜下出血の予後などで感じることが多いようです。良く出ていた鼻血が出なくなる、なかなか止まらなかった眼底出血が止まる、打ち身の青あざが減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管強化のためにサプリを飲み始めた途中経過。

時々、血管に関する事などでアドバイスを求められます。 お節介なので、これまでの経験を基にしたアドバイスをする事があります。 多くの場合、数カ月すると良い変化が現れる事が多いです。 以前に血管に関する事でアドバイスした方から、2~3カ月経過後の様子を知らせるメールが届きました。 UさんとYさんです。 お二人とも体調面でいろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血と血管と青あざ(2)

くも膜下出血には遺伝性が認められています。 私は身近な例をいくつか見ていますが、研究者の言うように、きっと遺伝性はあるなあと思っています。 しかし、もし体質に多少の弱点があっても、食生活などの生活習慣における努力や工夫をすることで、相当カバーできるのではないかもと感じています。 くも膜下出血と血管と青あざ、次はKさんのケースで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血と血管と青あざ(1)

血管をテーマにしているので、血管病の一つである、くも膜下出血の人といろいろご縁があります。中でも3人の女性の事例は、個人的に気になっているので紹介します。 気になっている理由は、義母が以前にくも膜下出血になっていることと、妻と娘が義母やその3人と体質が似ていることです。つまり、妻と娘はくも膜下出血のリスクが高いのかもしれないと感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管強化とビオチン

ビオチンを飲もうと思ったのは私と妻の手荒れ対策のためです。皮膚に良いとは聞いていたので試そうと思いました。まずビオチンの事をいろいろ調べました。良い事がたくさん書いてありますが、話は半分と見ても手荒れには良いかもしれないと思いました。次には良さそうな販売サイトを探して、これならと思うビオチンのサプリを購入して試すことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more