テーマ:コレステロール

LH比の改善は難しくないと言う人

中高年になると健康診断などで医師から「コレステロールの値が高いので、食生活の改善と運動をしてください。」と言われる人が多くなります。コレステロール値が高いこと自体は病気ではありませんが、コレステロール値が異常に高い状態を放置すると、動脈硬化を起こし、最悪の場合、狭心症、心筋梗塞など重い病気の原因となるための注意喚起です。 近頃はL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗コレステロール薬は飲まないほうが。

Bさんは、「抗コレステロール薬は飲んではいけない。」と言っている。 すべての人に当てはまる事ではないが、飲まない方が良い人はたくさんいるでしょう。 2年前のこと、知人のBさんがコレステロールの数値が気になると言ってきた。 いろいろ調べると、抗コレステロール薬は副作用の心配があるので、サプリを選んで欲しいとのこと。個人的にも抗コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬よりサプリの方がずっと良いこともある。

循環器系のトラブルは血管の老化(動脈硬化)と血液循環に関することが多いです。 そして循環器系など(血管、血液循環、心臓)で不調な人には薬が処方されます。 様々な薬がありますが、薬に期待する作用としては下記の3点が多いです。 1血圧を下げる(ただ基準値に疑問、薬の作用が身体に負担を与えることが多い) 2LDLコレステロール、中性脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管の健康=健康寿命を延ばすこと。

個人的な目標はピンピンコロリです。痴呆や寝たきりにならないで、その時までに出来るだけ長く元気で過ごしたいと願っています。つまり健康寿命と本当の寿命との差を出来るだけ小さくするために、出来るだけ病院の世話にならないように健康を保つために研究したことを実践しています。いろいろある中で健康長寿のために大きく役立つ事が、血管強化と血液循環と感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中性脂肪とLH比の改善のために

Aさん60代、少し血圧が高い、更にはLDLコレステロールと中性脂肪の数値が高い。一昨年、医師にはコレステロールと中性脂肪を下げる為の薬を飲むように言われた。 ところがAさんは医師に言った・・・薬は副作用があるので、サプリで下げたい。 もし3ヶ月後に下がらなかったら薬を飲みます。とても物分かりの良い医師は承諾した。3ヶ月後に血液検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病とコレステロールとサプリ

遺伝的な体質もあって「糖尿病のⅡ型」は日本人に多い病気です。周知の事ですが、糖尿病は血液中の脂肪分を増加させる作用があり、動脈硬化を助長させる要因にもなっています。インスリンは、肝臓で「中性脂肪」の合成を促進する作用もあるため、インスリンの分泌量が増えると中性脂肪の量も増え、血液中の中性脂肪の値が上昇します。 すると、いわゆる善玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗コレステロール薬を飲む前に。

サプリでコレステロールが下がるか? これは個々による程度の問題はあっても可能性は大きいようだ。 【Nさんの例】 Nさんは心筋梗塞で約一カ月入院したが、退院後は薬を一切やめてサプリをせっせと飲んでいる。 血圧、コレステロール薬をやめる事は普通なら決して良くない。しかし、Aさんは自己責任と考えて慎重に実行している。薬をやめて約3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレステロールと血管とサプリ(その2)

コレステロールと血管とサプリ(その1)の続きです。・・・ 【すると、今度はマクロファージという掃除機のような細胞が登場して、散乱した荷物を自分の中に取り込んで片付けようとする。しかし、酸化されたリポタンパクの数が多すぎると、マクロファージの働きだけでは間に合わない。そこで助っ人役を演じるのが、血管壁にある平滑筋の細胞である。この平滑筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレステロールと血管とサプリ(その1)

コレステロールに関する様々な情報があるが、コレステロールの問題=血管の問題となるようだ。要はコレステロールが高い状態が続くと血管が老化する、詰まる、脆くなるということに繋がる。そして血管の老化が進むと心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、腎不全、失明などの大病になる可能性が増大するという。そのためコレステロールが高いと病人扱いになっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more