テーマ:サプリメント

ピンピンコロリを目指しています。

確かに長寿社会になりましたが、今は健康寿命が注目されています。長期間の寝たきりや介護生活はできるだけ避けたいものです。現状を見ると今の日本では約10年間は介護の世話になってから亡くなっています。介護年数が平均で約10年と言う事はそれ以上に長い人も珍しくないと言う事です。 私自身も出来るだけピンピンコロリで逝きたいと思っていますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガン、心筋梗塞、脳卒中、認知症は怖いが・・・

日本の疾病や医療費の現状を見てみると、確かに高齢化などでガンが増えている事は分かるが、多くの病気には根本的に血管と血液循環の問題が潜んでいるように感じている。単純に言えば、過去に野口英世博士が言っていたこと、つまり体の隅々の細胞まで酸素をきちんと届ける事が出来ているかどうかの問題が大きいように感じている。細胞に酸素がきちんと届くと言う事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯周病の改善は歯茎の出血を止める事から・・・

歯周病(歯槽膿漏)は日本人の約80%が罹患していると言われています。その感染力は強力で、ギネスブックにも「全世界で最も蔓延している病気は歯周病(歯槽膿漏)である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」と記されているほどです。 そして大きな問題は・・・ちょっとした怪我や病気などとは違って「治る事が難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳卒中、心筋梗塞のリスクは血管強化と血流改善で・・・

脳卒中、心筋梗塞等のリスクを軽減するために、降圧剤や抗コレステロール薬などを服用している人が多いです。多くの人は、薬を飲むことでそのリスク問題が解決するとは思っていなくても、飲まないことで起きるかもしれない発病を恐れます。これは今の時代ではごく普通の事ですが、本当は安易すぎる方法かもしれません。 心筋梗塞は発病するとそのまま亡くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯周病はサプリと消毒で。

歯周病で長く悩んできた者として、とても役立ったこと、きっと役立つだろうことを紹介したいと思います。 歯周病(歯槽膿漏)は日本人の約80%が罹患していると言われています。その感染力は強力で、ギネスブックにも「全世界で最も蔓延している病気は歯周病(歯槽膿漏)である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸からの出血に関して、血管壁の強化が役立った例です。

しばらくぶりにEさんからメールをいただきました。 いがやんさん・・・ 以前血管が弱いのでは?とご相談させていただいたEです。 現在はサプリメントのおかげで出血することなく落ち着いています。 今回は知り合いのことなんですが、大腸からの出血が度々あり、貧血にもなってしまい入退院を繰り返していましたが、たまたま私がこんなサプリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管サプリの相談

ブログのご縁でサプリに関しての相談が良くあります。 テーマが血管なので、眼底出血、脳動脈瘤、脳梗塞、脳卒中、くも膜下出血、糖尿病などです。 私自身や家族の血管が弱いために長く工夫してきた事が役立つ事が多いです。 特に多いのが眼底出血ですが、この症状の改善は結果が最も分かり易いです。 まず大事なことは、食生活の改善です。健康で生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血には栄養素が必要です。

何度も記事にしていますが、今の日本では眼底出血の再発に悩む人が多いようです。 確かに中高年になると眼底出血になって驚き、悩む人が増えてきます。 この症状は簡単に改善する人だけではないので、視力がどうなるかと言う事がとても気になるものです。 眼底出血が判明するのは眼科なので、薬が処方され、悪化するとレーザー手術を受ける人も多くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LH比の改善は難しくないと言う人

中高年になると健康診断などで医師から「コレステロールの値が高いので、食生活の改善と運動をしてください。」と言われる人が多くなります。コレステロール値が高いこと自体は病気ではありませんが、コレステロール値が異常に高い状態を放置すると、動脈硬化を起こし、最悪の場合、狭心症、心筋梗塞など重い病気の原因となるための注意喚起です。 近頃はL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通院と薬と手術では改善が難しい人。

血管と循環器系に関しての相談が良くあります。最も多いのが眼底出血に関することですが、脳動脈瘤、くも膜下出血、鼻血、歯茎の出血、脳卒中(梗塞、脳溢血)、糖尿病・・・などで血管と循環器系の症状が多いです。 ほとんどの人がこの順番(通院、薬、手術、あとは鍼灸など)になっていますが、血管と循環器系の症状ならば「生活習慣+サプリ」が役立つ可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧で必要なこと。

食生活(塩分など)、運動不足、ストレス過剰、肥満などが高血圧の原因になっていると言われています。しかし、大半の高血圧は本態性高血圧と言われています。遺伝的な要因もあるような事も言われていますが、本当のところは未だ分かっていません。つまり、本態性高血圧は、高血圧となっている原因がはっきりとしない状態のことで、高血圧患者の大半が当てはまりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康は丈夫な血管から。

一般診療医療費を主傷病による傷病分類別という厚生労働省の資料にあるように、循環器系の医療費は全体に占める割合が約20%と最も大きくなっています。次に多いのはガンです。 丈夫な血管と良好な血流が健康の基本と言えますが、全身で約10万kmになると言われる血管は体の隅々に張り巡らされています。その血管は血液の循環で酸素や栄養素などを運び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管強化【健全な血管作り】の重要性

ここの十年ほど、血管のトラブルについていろいろな方の相談を受けてきています。結果的なことでは、中高年の健康問題を考えた場合に、血管の健全性に注目して、そのための努力(生活習慣、サプリ等)を上手く取り入れると、高確率で体調の改善と、健康的な毎日に繋がる事は数多くの例から言える事です。実際に多いのが眼底出血などの改善例ですが、その後の良い状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧と言われるのはなぜ?

私は血圧というのは年齢と共に上がるのが当たり前との考えを支持しています。身体の隅々まで酸素や栄養素を届けるためにはその人にとって必要な血圧になっているからだとの考えからです。高齢になっていけば、身体のあちこちが硬くなって血圧も高くせざるを得なくなってくると思っているからです。身体は自然な形で対応しているはずなのです。 もちろん、必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血の再発を防ぐために。

加齢や糖尿病などの血管の老化で起きる眼底出血が起こってしまう人が少なくないです。 薬やレーザー治療が主な処置ですが、残念ながら、多くの場合に再発を繰り返します。 そして、少しずつ視力が落ちていくことが多いようです。 薬やレーザー治療は必要な対症療法なのですが、残念ながら、再発と言う点ではそれほど期待できません。 単純に考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管ケア

出来るだけ元気で過ごして、更には介護期間が短くて、ピンピンコロリに近い感じに出来たらとはいつも思っている。多くの人のように人生の終末が病気、長期の介護生活では悲し過ぎるし、周囲への負担も考えてしまうからです。 残念ながら、皆と同じような生活をしていけば、皆と同じような週末を迎える可能性が高いのです。 皆と同じような事(医療、食事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再発が多い脳卒中

怖い事に、脳卒中は再発しやすい病気になっています。その年間再発率は約5%で、つまり、1年間では20人に1人が脳卒中を再発しています。10年間で約半数の患者さんが再発したというデータもあります。(福岡県久山町の疫学研究のデータ) 実は脳卒中だけでなく、血管、循環器系の病気は再発しやすいのです。個人的に感じるその理由は、血管の健全性に対する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LH比の改善には薬かサプリか?

健康に関わる指標の一つとしてLH比が注目されています。もし、数値が悪い場合はLDLを下げてHDLを上げると言う事が大事になります。以前に中性脂肪とLDLコレステロール値が高いので、薬を飲むか、サプリを飲むかで悩んで、副作用がないサプリにしたYさんの結果が興味深いです。医師には服薬を勧められたのですが、Yさんは副作用の事を考えて薬よりもサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧の問題は発想の転換が必要(2)

前回からの続き・・・ 高血圧問題は、言われているように高血圧が血管の老化を促進する事が事実ならば、そのリスク(血管の老化)を減らすことが最も必要なことのはずです。血圧が少しくらい高い場合は、薬の服用で血圧を下げて元気をなくしたり、副作用の害を受けるよりも、薬は出来るだけは飲まないで、血管を丈夫にするための工夫をしていく事がより建設的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧の問題は発想の転換が必要(1)

健康問題は少数派で行くのが大事だと思っている。もし、皆と同じようなことをしていれば、今の日本は薬漬けになる、ガンになる、認知症になる、入院が多い、最後は約10年も介護されて、それから亡くなる・・・からです。自分はそうはなりたくないと思う人は多いが、日本の現実はそのようになる人がほとんどなのです。なぜなら、皆と同じ事をすれば安心なので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血にレーザー手術、それだけでは不足がある。

眼底出血に関する相談が多いので、思うこと・・・ 中高年に多くなる眼底出血ですが、その多くは血管の老化が原因です。 そして、近頃は治療法としてレーザー手術を受ける例が多くなっています。 しかし、大きな問題はそれで解決する人は実はそれほど多くないのです。 もちろん、必要な手術を否定するものではなく、それだけでは不足する事があると言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気がない人に役立つのが総合アミノ酸!

中高年になると、血管なども老化し、血流が悪くなっていく、これはある意味仕方ないことです。 では、少しでも、元気で老後を過ごすために、栄養面で必要なものは何でしょか? 必要なものはいろいろなものが考えられます。 個人的には血管と血流に良いもの(強化と詰まりの改善)とタンパク質が主になるかなと感じています。 血管と血流に関し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血と血管壁の強化

以下の内容は一般人の個人的な見解ですが、もしかしたら、誰かに少しは役立つだろうと思っています。その理由として日本人は血管壁が弱い人、血管が細い人が少なくないと感じているためです。 実は以前に義母とその姉妹二人がくも膜下出血で倒れています。 義母だけは手術で助かったのですが、その当時は、なぜ3人もが同じ病気に?と思っただけで、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄欠乏性貧血と鉄の過剰摂取

知人が駅伝の有名校の監督をしていましたが、ご多分にもれず選手の貧血に関してはいろいろ苦労していたことを記憶しています。ご承知のように、鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血と言う事が起きますが、逆に鉄分の過剰摂取は健康面で大きな問題が生じる可能性があるので、スポーツに携わる人は注意すべき事が少なからずあるようです。 スポーツ貧血の予防と、鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼底出血には食事の改善で。

眼底出血の相談がちょくちょくあります。 多くは加齢や生活習慣、そして糖尿病による血管の老化が原因になっているものです。 血管の老化が原因になる眼底出血について・・・ 眼底出血になると言う事は、血管が老化し、詰まりが発生し、柔軟性が衰え、血管壁が脆くなっている事が多いようです。一般的な治療によっても症状の改善が見られないと、近頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中高年と血圧

日本人の仕事に対する意識を考えると、多くの高齢者は仕事がないことで、精神面では良い状態ではありません。人によっては定年後に妻から「粗大ゴミ」と言われたりして追い打ちをかけられます。仕事をしていたころに比較して目標やノルマを失って元気がなくなります。それにテレビなどで「老人はグチが多くなる」とか「忘れっぽくなる」などと言われて、ちょっとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血の再発・予防について

近年、くも膜下出血の予後や動脈瘤の経過観察と言う方が、検診機会の増加、検査技術等の進歩で増えています。では、経過観察の人にとって、定期的な検診以外で何かすべき事、した方が良い事があるでしょうか?なぜならば、当事者は再発や動脈瘤の破裂に対する不安が常にあって心が安まらないと言う事があるためです。 その不安感を少しでも減らすことが精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気な老後には「血管の強化+血流改善」

高齢者には特に血管と血流が大事だな~と感じる例をひとつ紹介します。 Kさんのお母様は80代後半で体調的には衰えがみられ、数年前から介護施設に入居している。 彼女は元々血管が弱い体質のようで、20年以上前にはクモ膜下出血で手術している。 幸い、その後は普通の生活を送れるようになったが、体調面の問題で数年前からは介護施設に入居して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性疾患に薬?サプリ?

慢性疾患は薬で治らない、そんな事は誰でも知っている?はずです。でも何故かそうではないようです。 情報が簡単に入手できる時代になっても、慢性疾患で悩む人の数が一向に減らずに増えています。 慢性疾患とは、徐々に発病し,治癒にも長期間を要する疾患の総称で、生活習慣病に代表されます。病名や症状としては糖尿病や高血圧、高脂血症などです。糖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳動脈瘤と経過観察

脳動脈瘤の経過観察になってストレスを抱えている人が少なくないようです。脳動脈瘤に関する医学的な事は専門家のサイトが多数あるので、詳しい事はそちらをご覧いただければと思います。私は専門家とは違う視点から、小さな脳動脈瘤が見つかって経過観察になった場合に、実利と精神面で役立つと思う対策を述べたいと思います。 自分や家族の健康問題があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more