慢性疾患に薬?サプリ?

慢性疾患は薬で治らない、そんな事は誰でも知っている?はずです。でも何故かそうではないようです。
情報が簡単に入手できる時代になっても、慢性疾患で悩む人の数が一向に減らずに増えています。

慢性疾患とは、徐々に発病し,治癒にも長期間を要する疾患の総称で、生活習慣病に代表されます。病名や症状としては糖尿病や高血圧、高脂血症などです。糖尿病は血管病として様々な余病を併発し、高血圧や高脂血症は同じように血管の老化、詰まり、弱体化の原因になって多くの脳血管、心臓、循環器系疾患の原因になっています。

知っている人が多いですが、慢性疾患の中で多いのが生活習慣を起因とする病気や症状です。
そして慢性疾患は長く通院しても思うように改善しない事が多いです。
なぜなら、それは症状を抑えるための薬で治るものではないからです。
そうです、実は長く掛っても治らないから、薬で治らないから慢性疾患と呼ばれているのです。
それなのに、多くの人は長く通院して薬を飲み続けます・・・

もし改善したいのならば、薬を飲むだけでなく、どうしても生活習慣の改善が必要になります。
今はグルメの時代です。食べる事しか楽しみがない?人も多いです。そのために食べ過ぎの人が多く、毎日の飲食物の内容に問題がある人も少なくないようです。ただ、それでは生活習慣が原因になっている慢性病は増えていき、改善することも難しくなります。

【慢性疾患と医療費の関係】
生活習慣病などの慢性疾患が日本の医療費に占める割合はおよそ3割です。年齢階層別では65歳以上の高齢者が55%を占め、年間約20兆円の医療費が費やされている(2010年国民医療費)。疾患別では悪性新生物が最も多く3兆円(11%)、次いで高血圧性疾患、脳血管疾患の順となっています。

 【高齢化との関係】
日本の平均寿命は世界トップクラスですが、寿命が延びることと慢性疾患患者が増えることは正比例の関係にあります。慢性疾患が日本の医療コストを圧迫していることは明白で、政府は生活習慣病に伴う慢性疾患の増加を防止しようと各種の施策を試みていますが・・・。

世間はどうあれ、自分や家族、親しい人の健康を願うのが多くの人達です。
ではそのために、何をすれば良いのでしょうか?
生活習慣、特に食事について是非お考えください。
あとは良いサプリでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック