健康の基本は丈夫な血管、そして良好な血流から・・・

私たちは血管や血流に関しては普段はあまり意識していない場合が多いです。しかし、身体の隅々まで血液が届く事はとても重要です。酸素と栄養を届け、老廃物を運ぶために必要なことが丈夫な血管と良好な血流です。昔からその重要性は言われていますが、野口英世博士は全ての病気の原因は酸素不足と言っていました。すべての病気とまでは言い切れませんが、病気の主な原因の一つに挙げられるのが酸素欠乏症です。つまり、健康的に生きるためには末端の組織に十分な酸素が届くようにすることが大事なので、そのためにも丈夫な血管と良好な血流が必要になります。

近頃は動脈だけでなく血管の99%を占める毛細血管の重要性が強調されるようになっています。極小の毛細血管まで含めると、血管全体の長さは10万キロメートルともいわれていて、 地球を2周半するほどの長さです。最新の医学では、全血管の99%を占める「毛細血管」こそが、老化や病気を食い止める要として注目されているのです。

実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足になってしまい大問題となります。 もちろん肌だけではありません。肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられているのです。毛細血管には、小さな隙間があり、そこから血液が微量ずつ漏れることで、約37兆個あるすべての細胞に栄養や酸素を届ける仕組みになっています。

そして、ゴースト血管と言う言葉も言われ始めました。 毛細血管の太さは髪の毛の10分の1程度です。健康な毛細血管の量は、20代を100とすると、60代で70程度に減少します。約3割が加齢によってゴースト化してしまうのです。
毛細血管のゴースト化が肌で起こると、「シミ」や「しわ」「たるみ」で肌をむしばんでいきます。そして、薄毛、アルツハイマー病、老け顔、高血圧、冷え性、骨粗鬆症、むくみになり易くなるばかりか、がんや感染症の危険も増すと言うのです。
ゴースト化が脳でおこると、認知症の原因に。
ゴースト化が骨でおこると、骨粗しょう症に。
ゴースト化が肝臓でおこると、肝機能の低下に。
ゴースト化が腎臓でおこると、腎機能の低下に。
ゴースト化が手足の末端でおこると、冷え性の原因に・・・

毛細血管のゴースト化を防ぐには、栄養素の摂取と血流をアップする運動類との事です。
栄養素としては、シナモン、ヒハツ、ルイボスティーと言われています。

私が血管強化と言う事に注目してきたのは、自分自身が幼いころから鼻血を頻発してきた事、そして数十年前に義母とその姉妹がクモ膜下出血で倒れた事が大きな理由です。最初は自分の鼻血を何とかしないといけない事から始まりました。幼いころから頻発していた鼻血は大人になって通院した耳鼻科で、鼻の血管が弱いということが分かり、鼻の粘膜を焼いたこともあります。血管が弱いために少しの刺激でも鼻の血管が傷ついて出血してしまうとのことでした。特に冬場は鼻をかむことが多くなるので、そのたびに出血していました。・・・でも、この頃は鼻血が出ることは全くなくなっているので、いろいろやっている対策は成功していると感じています。私と家族はEPA、OPC、シナモン、天然ビタミンCなどコスパを考えて選んで組み合わせています。同じように血管が弱い家族や知人にもいろいろ試行錯誤してきた事が役立っているのはうれいいことです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント