ガン、心筋梗塞、脳卒中、認知症は怖いが・・・

日本の疾病や医療費の現状を見てみると、確かに高齢化などでガンが増えている事は分かるが、多くの病気には根本的に血管と血液循環の問題が潜んでいるように感じている。単純に言えば、過去に野口英世博士が言っていたこと、つまり体の隅々の細胞まで酸素をきちんと届ける事が出来ているかどうかの問題が大きいように感じている。細胞に酸素がきちんと届くと言う事は栄養素も当然そうなるし、細胞から老廃物を運ぶ事にも繋がる事は言うまでもない。・・・個人的には健康のポイントをそのように考えていて、栄養素の摂取と共に丈夫な血管と良好な血流のために毎日出来ることを実践している。

私が実践している健康法ですが・・・
あくまでも個人的に実践している健康法ですが、長くやっていて結果的にも良いかな~と感じていることを紹介します。基本的な考えとしては、多くの病気や症状は血管と循環不全から起きているようなので、血管の健康と血液循環を重視している。病気になってから慌てないように、予防的な観点と病気は症状が軽い段階で改善出来るようにと考えている。

そのせいか、今ではあまり疲れを感じることがない、風邪を引く事がない、風邪は知らない間に軽く引いているのかもしれないが症状はほとんど出ない。インフルエンザの予防接種はした事がないが、家族数人がインフルエンザになっても私だけならずに元気に過ごしている。

私の健康法・・・
1朝食は食べない。(果物を少量だけ食べる)
2厳選したサプリを摂取する。
3血管マッサージをする。
4風呂上がりに冷水被り。
5薬は出来るだけ飲まない。
*ただ、酒は毎日飲んでいる。(量は少な目)

今の日本人の傾向としては食べ過ぎと感じているので、消化器官の負担軽減も考えて朝食は抜く方が良いと判断してやっている。ただ、少量の果物とコーヒーは飲んでいる。果物は消化酵素が入っているので胃腸の負担が少ないので少し食べている。

サプリに関しては数十年の間、試行錯誤を繰り返しながら摂取している。自分の体質(血管が弱い)を考えて、血管の健康と血流を重視しながら選んでいる。・・・血管の強化に関しては結果が出ていると実感している。

血管マッサージは毎日欠かさずに20分ほどやっている。サプリとの相乗効果で血管の強化と全身の血流改善を考えてやっているが、目的は全身の血流を改善して身体の隅々の細胞に酸素と栄養を届けるため。

風呂上がりの冷水被りは、自律神経を鍛えて風邪を引かないための方法。毎日やっているが、実は冬期間の水は冷たくて結構厳しいと感じていますが、何とか継続しています。冬期間以外の水被りはとても気持ちが良いです。

もちろん、薬が必要な場合がある事は承知している。ただ、薬を飲めば何とかなると言って、あまり考えず、症状があるからと言って飲み過ぎている日本人が多過ぎるように思っている。実際には薬で治る病気は少ないし、薬で症状が緩和する事はあっても治癒に時間が掛る事もある。何よりも知られているように副作用は数知れないほど多い。なぜか化学物質を避ける人が、薬のほとんどが化学物質であることを忘れている。

飲酒は年中休むことはないです。ま、若いころと比べれば量が少ないので、いいかなと思って飲んでいます。
量が少ないので、健康診断の数値は全く問題ない事もあって、いつも美味しく飲んでいます。

"ガン、心筋梗塞、脳卒中、認知症は怖いが・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント